本日 240 人 - 昨日 551 人 - 累計 721941 人
RSS

いいな〜って

2018年10月30日
その、バースデーで頂いた

アルバムとかくす玉とかを









自分の周りに見せてたんだけど


沢山の人から

「いいな〜」って

「愛され方が半端無い」って言われましてホクホクしてます

確か2年前の発表会の時に、ウチのヴィちゃんそっくりなブローチを

貰って

喜んで付けて歩いてたら


ミサちゃんに

「愛されてる!!」って言われた記憶が蘇った


うふふ


なんか学校みたいで楽しいね〜



だから、愛ある指導を、皆にお返しするわね うふふ


メンタル

2018年10月30日
さ〜

今日はレッスン

色々やらなきゃ行けない事がよーくわかったので


やっておこう!!


あと1ヶ月


もう、ピリピリに皆、緊張感もって過ごしてもらうしかないな


これがキツイとは思うけど、本番でグダっとならない為には仕方ないかな。



バースデーLIVEに出てくれた皆は、「緊張と、人の目」にどれだけ

左右されるか?がわかったと思う


本番って言うのは毎回違うもの。環境も、雰囲気も音も何もかも違うので

練習どおりにはなかなか行かないものだってことが、解ったと思うんだ。



その怖さに打ち勝つ強いメンタルと、十分な練習量

これが必要だって事。


でもね、本番に慣れる、だなんてことは10年かかるようなものだから。

場数踏んで行くしかないんだ。


ベテランさんも出てたけど、ガチガチだったでしょ?

そんなものよ


そんな中、ピシッと踊ったのはNさんだったね

「やる時はやる」みたいな力が発揮されてたね


打ち上げでも「あれ誰〜?」と聞かれた。

それに続け!だね


Nさんができたんだから、皆もできるはず


3日はリハーサルだけど、先ず、そこをちゃんとやろう。


大丈夫、ここから挽回すれば良いだけの事。



それから、「先生に恥をかかせてしまって申し訳ない」なんてメールを

頂きましたが


恥だなんて思ってないわよ

自分の生徒をそんなふうに思わないわ


生徒の失敗は私の失敗なんだから。私の責任



まあ、ただ今回は「サプライズ」が含まれていたため、私は監修してないし

口も出さなかった

皆のやりたい事があるんだろう、と思って、見ている事に徹してみたんだけど



まだまだ口を出さないといけないんだな!


って事が良くわかったw


まだまだ、早かった。ってことだね


頭のいい生徒達です、そこも理解したと思う


じゃ、どうするか?


挽回しましょう!


それだけよ。

番外編

2018年10月29日
え〜

昨日、逃げる様に帰って行ったんだけど、生徒がw


「長くいるとダメだしされる」ってw




気持はわかるよw



でも、そんなにダメだしされたいなら・・・


今週のレッスン時に出しとくわねw


も〜出されたがりなんだから!!



取り敢えず、ドキドキしながら見ていたんだけどさ


皆、出番終ったら、自分の席についてグイグイ飲んでたから

面白かった

そんな喉乾くんか〜い。


緊張で口の中の水分なくなったんでしょうね〜


そして食べてたw

食べてるうちは大丈夫だ!

落ち込んではいない!!



きっとね、「あー思っていたより、できなかったなー」という

ショックを受けている人とか


「あそことあそこを間違えちゃった」とか


「いつも間違えないのに・・」とか


反省やらなんやら多々あると思うんだけどさ。


そんなのは私も一緒で、あれもこれも出来てなかった


だけど、それを如何に少なく押さえるか?ってところでいつも

練習してるってだけよ。ホント、それだけ。




画像


画像





画像


画像

いろいろ仕込みを入れて来たw


画像



くす玉w

しかも手作りw


よく、これを作ったねえ〜


画像


目出た過ぎる〜


そして、心のこもったプレゼント









ちょっと、これ、似てない?私ですって。似てるよね〜


衣装やアクセサリ−の再現ハンパないよ










これ舞台で頂いたんですけど、楽屋でバックにみせたら


「舞台で遠目で見てても似てると思った」って言ってました


私はこういう、作業が苦手なので、よく、作ってくれました


ありがとう


監修はMさんがやってくれたのでしょう


この、サプライズを無事、行なうことと、踊りも踊るっていうのは


簡単なようで、結構難しいものです


2つのことを同時に行なう、本番の日は、何かが抜け落ちたりする。


今でも私だって企画LIVEの日は疲れます


先日の青梅麦酒とか。踊る意外の用事が沢山あって


集中しにくいのね。


だから彼女も大変だったと思う。お疲れさまでした



そして、この「くす玉」出すチームは


踊りっていうより「くす玉出すタイミング」の方が


大きく頭の中にあったと思うのよw


それが結構、集中力を欠けさせるものなんだよね


大変なんだろ〜な頭の中。って思いながら見てました







とてもいいバースデーLIVEでした。


このアルバムはしばらく持ち歩き、会う人会う人に見せようと思います


なかなか、こういう物は頂ける事が無いですからね

バースデーLIVE

2018年10月29日
で、LIVEですが


私のアレグリアスからはじまり〜で


次は生徒達が3曲続けて


はい。ドキドキですよ


ええ、私が!!


もうね、リハーサルは見ないでおこうかと思ったんだけど


これは!


と、思い、ついに口出すw


やはりね、バックにも気持よく、お仕事して頂かないとならないんですよ。


普段はね、ちゃんと出来てるんだけど


これもいつも言ってますけど、環境が違う、ギターが違う、歌が違う


お客様の目がある。



もう、これで緊張MAXですよね


何も聞けてない状態


真っ白って感じ




さすがにそのまま放置もできないので、いつもの口調で

「それ、どうなってる?」



でも、このいつもの口調が良かったのか?


ちょっと本番はキリッとしたかな?


まあ、注意したい事は山ほどありましたけど〜


それでもここに出て、「踊ろう」と思った気持は大したもんだと、思いますし

参加してくれたことにも、とても感激です。



せっかくなので、本番の厳しさを体感して帰ってもらえたらいいかな、と

思いました。



いつも出来ている事が、全く出来なくなる


思っている足が出て来ない、身体が言う事聞かない


これが本番の怖さです


120練習しても30も出ないよ、と言ってる意味がわかったと思う


良い経験をさせてもらいましたね。


発表会までに、自ずとやる事がわかったんじゃないかな?と思う


さー


今週のレッスンからはビシビシいこうかね


ビシビシいかれても


誰も、文句言わないと思う。

さてさて改めてゆっくり書きましょうかね


昨日は私のバースデーを兼ねたLIVEを仲間達が行なってくれました


LIVEは踊りの準備、もですが、その他の細かい準備の方が大変


メンバー集めから、バック、集客、お金の計算

フライヤー作り、等等、細かい仕事が沢山あります

それら全てはすっかりお任せで、私は行くだけ、踊るだけ、とさせて

もらいました。


そしてですね、うちの生徒も出させて頂くと、なっており、また


そこら辺の連絡なども大変だったと思います


LIVEっていうのはお互いの思っている事や、考え方が似ているようで違ったり

するものですから、そこらへんの詰めがね、大変だったと思います


本当にありがとうございました



この歳になって誕生日会〜みたいなのは


どうなのかしら?って思うけど、


やっぱり嬉しいよね


フラメンコやっててよかったな〜




ますます頑張らなくちゃな、ってホントに思いました



一先ず、御礼を先に



参加してくれた皆さん、観に来てくれた皆様、ありがとうございました!!




画像

メデタイ

2018年10月29日
メデタイ一日でした

0609B747-FD0A-4090-9997-019A2BA10A32 3C68F4D6-04C6-4BED-9422-28F7FDECB8D8 EFC23538-CCFB-4B85-AB77-E19C07CF5BBF

楽しみですね

2018年10月28日
今日はグランデセオさんでLIVEです


私のバースデー祝いも含めて、のLIVEなので


いつもよりも楽しみです


どんな内容になりますかね〜ワクワクしますね




準備してくれた皆さんに感謝です。



楽しいLIVEになるように〜!!


ストレッチをしておきますかね。

キャリア

2018年10月27日
この間、書こうと思って忘れてた

今月はHちゃんがお試しアレグリアスをやってるんだけど

(11月は発表会優先)

12月から本格的に始めるとして


取り敢えず、パルマと出だしのジャマーダと、マルカールと


ちょっとだけやっておく


若いだけあって覚えるのは速い


速いっていうか、それが普通なんだけどさw



で、覚えてはいるので、マルカールだけ、をやってみる


うん


覚えてはいるね。って所だね


どうしてそう思うかって言ったら、ギャーギャー言われ続けて


やって来てたYさんのマルカールが上達していたから


比べてみるとキャリアの違いがハッキリわかる



始めたばかりのYさんは、それはそれは、話になりませんよ、ってくらい

マルカールを知らなかった

知らないんだから仕方ない。1から教えるしか無い。


まあ、またそれが、どうしてそんなにウルサいのか?も


最初はわからなかったと思う。まあ、それも仕方ないしいいんだ


前にカルチャーて習っていたので動きは覚えるんだけどね


「そこに何も無いね」って話しなんだけど

その意味が分かってない。そこから教えるってこれまた大変なんだけど

そこ、どうしても私は流せないもんで、ギャーギャー言ってた



それをね、我慢強く耐えて、素直に「なんでかしら?」「どこがおかしいのかしら?」「ここかしら?」と

頑張って来た訳ですよYさんは


そう、この素直さ、が大事なんだけどさ


素直に聞いて、2年かかりましたけど、最近、このマルカールに

私、あんまり文句言ってないんだけど気づいたかしらね?



で、Hちゃんと並んでやると、やはり、時間かけて、こればっかりやったんだね、


と、言う、成果がハッキリでてて。


へえ〜


と、思った。


Hちゃんはこれから育つ。そしてすぐ追いつくだろう


若さと、理解力がある。



しかしまあ、マルカールを直すって本当に大変なので、成果が出てて


ヤッタ!!と思ったんだ。


諦めないで良かった〜。

きたなー

2018年10月27日
一昨日からちょっと様子おかしかったんだけど

きたなー

きたね


扁桃腺

どーも動きが鈍いと思った


なーんで一昨日に薬飲まないのか?謎


今朝方、「あーなんだかな」と思い、ようやく抗生剤


ま、なんとか飲まないでいけるかな?とか思ってしまうんだよね毎回

自然療法でいけるかと・・


結果、毎回無理なんだけど!学習能力低い


でも抗生剤を常備しておく知恵はついたのよ


そして、一昔前より、数倍も扁桃腺にならなくなったわよ〜




に、してもー


明日、踊るんだから、今日の所はおとなしくしとくか?


本当はカメラマンと予定があって、ついでに練習しようと思っていたんだけど


あちらも体調、イマイチってことで、日程変更


それはいいけど練習どうするか?


動いて、汗掻くと楽にはなるんだけどね(風邪薬の副作用的なのが抜ける)


悪化もこまるので、今日は寝てるとするか


明日の朝、リハで踊れるし、良しとするか?


本番楽しめない方が嫌だから



よかった、衣装とかは用意しておいて。


昼寝しよう。。。

喉が痛い

2018年10月26日
寒くなったのと、疲労で喉がちょっと痛いなあ

あー

くるなよ扁桃腺!

この時季はこれが怖い


今日は日曜日の練習を軽くやって

お風呂入って早ねしよう


ああ、しっかりたべないとね


ハンバーグ作ろうとおもってたんだっけ



ああ、長袖Tシャツもわんさか購入しなくちゃな


今時期、逃すと、レッスンに最適な厚さのはなくなり


やたら裏起毛になる


それじゃレッスンはできないのよーだ



ああ、この間の蕎麦やに行きたな、梅郷の。

羽二重団子

2018年10月26日
西日暮里の駅に、羽二重団子の売店が有り


もう、何年も前を通り過ぎてるのに買った事が無い


昨日、思い切って?買ってみた


日暮里に本店があり、そこだと焼きたてが食べれて日本庭園も眺められる

らしいんだけどね、

とりあえず売店なんで、何かかってみよう


やはり定番の羽二重団子よね


意外と大きいんだけど2本入りがあって、焼きと餡子が入ってるので


それを


夏目漱石の吾輩は猫であるとかに出て来てるんだってね

多くの文豪が愛した団子らしい

森鴎外、正岡子規と。作品に出て来てるらしいですよ


「芋坂」って書かれてるのが、ここの団子屋なんですって


早速、今朝食べてみましたけど


餡子おいしい!あっさり〜

見た目は胃にもたれそうだったけど


なんだ。美味しいんじゃない!


何年もしらないで、損をしたw


何でも試してみないとね



それから、多機能トイレを今一度確認して、


よし、大丈夫だ。


発表会に車椅子の方もお見えになりますので、確認!

大丈夫だ!

よかった!

美しかった〜

2018年10月26日
昨日は習っている可愛いスパニッシュの先生のリサイタル


クラスの皆で行きました

普段から美しい先生ですが、また舞台の上でのキリッと感や

見つめられちゃうと


ポーッってなっちゃう

視線って大事だなあ〜と思う

最初のマルティネーテかなトリージャかな

よかったな

前回もだったけど「静」から始まるね

そこから激しくなって行く感じ


素敵だったー


彼女の思う世界なんだろうな


ソレポルも速さには決して頼らず、しっとりと。

日本人は速いソレポルが好き、っていうかソレポル=速いって思ってる

人が多いけど、カンテだけきくと決して速くないのよね

むしろソレアがそんなゆっくりじゃないよ、もう少し速いよって感じがする



あとタラント


けっしてタンゴで早くならず、むしろ落とすくらい

速さに頼らないんだなあ

盛り上がるって速さじゃないんだなあ、と



とにかく、全部、違うな、って思った


そして共演のカルロスさん

素晴らしいクエルポ

踊りも新しい感じ。だけど動きにはクラシコもはいっており

面白かった

まだ若いんだね、ああいう振りを入れてくるのは


凄く良かったです。最後ソレア踊っててあげく、自分でブレリア歌い出した


んだけど、息が切れてないんだから凄いよね


とてもいいショーだった


クラスをお休みにして申し訳なかったけど、見ておいて良かった


平日で、皆仕事だと思うけど、今度また、あったら、生徒にもみて

もらいたい。


先生がヘレスのせいか?はわからないけど、しっとり感があるのよね


どこかに。それが好き

似合うし。



楽しかったです


画像





画像

先日の

2018年10月25日
ロジカにAちゃんが出たときの動画をクラスで見て

「わ〜凄い〜」とか言っててw


Aちゃんは自分が見れなくて(皆と一緒は恥ずかしい)

あっちの方にいてw


でクラスメートが興味津々で

Jさんなんか噛りつきで見ててw


終ったら拍手なぞおこり。嬉し恥ずかしですなA ちゃんは



まあ、こういうのも、良い刺激になる人と、拗ねちゃう人と〜とか

別れるんですけど


踊りなんて常にライバル心は持ってていいものだと思うし


(ああ、所謂、女子の怖いのは勘弁だけど)


まあ、1番のライバルは自分。っていうのが正しいでしょうね


「やるのか?やらないのか?」自分で決めて進めて行くからね

これまた大変だけどさ


あんまり変な闘争心は持って欲しくないんですけど


単純に「ああ、私もでてみたいな」「どうやったらでれますか?」

みたいには思ってくれる人がいたらいいねえ


もちろん、ある一定の条件はあります


じゃあ、もし、今、満たしてない人は絶対出れないのか?って言ったら

そうじゃないし、


出る為に頑張りますって言うなら協力は惜しまない

だけど1番ダイジなのは

「出たいか出たくないか」その「出てみたい」を自分で決めて

って所。



セビジャーナスだけでしたけど、凄くいい経験はしたとおもうし


させられたと、思ってる



曜日とか時間とか料金とか集客とか、それにまつわる条件もあるので

その為、ロジカは無理な人もいるでしょうけど

別にロジカじゃない場を作ることもできますしね。


まあ、発表会が終ったら、そんな欲も出てくる人が現れてほしいね



因に次回のロジカは4月


少し時間があるよね。モーレツに練習したらセビジャーナスが綺麗になる

時間はあると思うけどね。


今日の夜は可愛いスパニッシュの先生のリサイタル

楽しみ〜〜

それからタンギージョ

流れはもう、わかったと思うの

で、後半のハケ歌をもらう前の追い上げの足とジャマーダを

もっとあげて行って、ハケ歌をこのテンポにしましょうっていう

目安ができたんだけど


足がおいつくかな〜?ってところ


いや、でももう、追いつかせるわ


そうじゃなきゃ終らない


パリっとした感じが欲しいねタンギージョ


キレの良さを出す1つの方法として帽子の使い方があげられます


帽子をだらっと肘が下がって帽子もさがると


これまただらしない


使っていい範囲っていうのは決まってるはず。基礎と同じだから

その先に帽子が付いたって話しだからね


それと、踊ってる間に忘れてしまうのでしょうが

「主役帽子!」「帽子様!」でしょ?

綺麗に帽子さばきを見せないと、帽子振り回してるだけになってしまうよ?


今一度、そこへの意識を確認するべきだね


歌ぶりは去年に比べたらだいぶ慣れて来たね


だけど体幹が弱い。


グニャグニャするね。まあ、これは取り敢えず「意識する」ってことを目標

にしておいて、鍛えるのは、終ってからだね

地獄のような体幹トレーニングし〜よう〜ふふふ


足の音もまだまだ揃ってないし、打ち方もなってないし

プランタなの?ゴルペなの?音が別れてないし


と、言いたい事は山ほどあるけど


今回はこれくらいできれば良しとしましょう


だけど、残り少ないレッスンの間、言うだけのことは言うわね


と宣言しておく


直るとか、出来るとか思ってないけど「意識」はできるでしょ?

うるさく言っておけば


笑顔で踊ってくれたらいいです


振付けはなんとか覚えた様子なので、昨日は定時に終りましたよ


姪に「早いね」って言われたけどw


もう、長々やっても意味がない。全体的に


身体を慣らしておいて、気分を盛り上げていく


こっちの作業に入ります。

ギターのメロディ

2018年10月25日
昨日は青梅クラス


先日ギターさんにきてもらったので


アレグリアスとファンダンゴは前奏に慣れる練習


タンギージョは入り口がハッキリ解りやすいのであんまり問題無いかな?

いや、来週はやっておこうか?


心配なのがアレグリとファンダンゴなので、そちらを先に


簡単そうで難しいギターの音を拾う作業


でもさ、これができないとフラメンコにはならないの


あとね、「誰かがわかってる」ではダメで全員が解ってる状態に

しておきたい

出だしで挫けるとろくな事がないからね


「何コンパス目」で覚えるのでなく、ギターがしめてくるところを

聞き分ける耳が欲しい

サリーダだって、ちゃんと歌い始める「間」っていうのがあり、

そこをギターさんが出している訳だから、そこを聞かないとね


耳を育てるっていうのはとても難しいんだけど


常に、「自分がその曲でおどる」っていう想定で聞いてないと

育たないね

それって、自分のクラスじゃない曲もききながら「ここかな?」って

思いながら見たりしてると大分差は付くんだけどね

自分が踊る曲だけ、知ってれば良いってもんじゃない

パターンとしては似てるから、凄く、ひろって帰る時間はあるんだけど

それも私が言わないとやらないのか?


いいえ、聞いてる子は聞いてると思う。


そうやって差は付いて行くんだよね。


ファンダンゴのエスコビージャはせっかくせつないメロディーを弾いてくれたのに


ガシガシ汚く足を打って、しかもどんどん早くなったので止められたよね


だから、昨日は、「よく聞いてみよう」とギターだけを聞く練習


「良く聞いてみて。このメロディーにその雑音はダメだよね?」


と、言う、私の問いかけに「ホントだー」って解った様子はあったけど

さあ、そこから先だよね


リハーサルっていうのは「一緒に音を作る」作業でもある


いつものレッスンとはちがい


こう、弾いて来るなら、こんな感じのイメージだな、と変えることもあっていい

また、どうしても、こっちのイメージなんでもっと強く弾いてもらいたいです

っていうのもあって良い

で、この間、弾いてもらったのはちょっとせつない音が入ってた


それは凄く素敵で、フラメンコギターの特徴でもある

日本人がどこかで耳にしたことのある音階

ギターさんはそういうイメージなんだ、って思ったらそれに


寄り添って行くのも踊り手の技術


そうやって生の音に対して、反応するっていうのは大事だと思うよ


よく、録音したのを聞いて。とは言っておいたけど


録音しました、はい、いつもの通りやります。数を数えました


うーん


これでは永遠に「フラメンコ」は踊れない


なんでもそうだけど、「一緒に作る」んだってことを

知ってもらいたいクラスレベルです。




79257999-2160-4F27-92F8-2355972876F0 9021CFDC-3D22-4600-AC11-2BAD8BF9FFE0 2B82BC57-C2E0-4972-ABA2-24AFED04715F

さ!

発表会までちょうど後1ヶ月となりました

どのクラスもラストスパートをかけていきましょう


昨日のクラスでも話しましたけど

もうね、あと1ヶ月でどうにか新しい事ができるか?っていったらもう

出来なくて、今までやって来た事を丁寧に復習する事と、


やはり動いてないと、動けなくなってしまうので、出来るだけジタバタして

本番で「反射させる」これですね


とはいえ、お客様が入る訳ですから、見栄えってものも大事

腕が大きく上がってるか?つま先は揃っているか?

そんなことで大きく見栄えは変わります

そこら辺の注意が大きくなってきます



私的には


もう、発表会が終った後の新曲の事で頭がいっぱい


って言ったら


「先生早過ぎ!」って怒られたけどw


でも、もう先を考えて置かないとさ。そこは指導者ですもの

先に行くわよ



子供達も気合いが入ってきました


最初はいつもみたいに、ふざけて居たんだけど


「総リハーサルでそれだったら、本番まずいんじゃない?」

と、言ったら顔つき変わって2回目はキッチリ踊ってたね

今、「発表会」って事に興奮しちゃってはやる気持ちのが強くて

キャッキャしちゃいがちなんだよね


ときどき、ピシャリと言っておかないと。遊んじゃう


やれば出来る子達です


大人はキャッキャしてる暇が無く


あわあわしてたw


速いテンポに慣れて無いのと、「この歌がいいなあ」って言うのが耳慣れて

無くて、行ったら3人でメトロノームと睨めっこしたて


「テンポがわからないテンポがわからない」とね

あと「歌がわからない」

これだわね


うーん、3日に歌ってもらわないとどうにもわからないんだけどね


いけそうだったらいつもと違う歌でいこうとは思ってる


だってフラメンコだもの


そしてセビジャーナスだもの。いろんな歌で踊れる方が良い


難しい課題だと思うけど、2年もやってるんだから大丈夫よきっと

チビッ子

2018年10月23日
今日はチビッ子だ


わかりやすくやる気が漲ってるチビッ子


台風の目になってくれる事を期待する


緊張しなければいいなあー

拙い、可愛いでなく


キリッとピリッとしたセビジャーナスが出れば

驚かれると思うんだけど。


ここは緊張との戦いだなあ


もっと小さい頃は緊張しなかったんだけどね

今はダメだね。物心がついてる



19時からは大人


もう、繰り返し踊って、慣れるしかない段階


今夜も繰り返そう〜

昨日は

2018年10月23日
ロジカさんに友人達のLIVEを見に行きました〜

団体様も入っていて店内は賑やかでしたよ〜


友人が初だしのカーニャを踊るのだと


お店に着いたら青い顔して待ってたw


ちょっと緊張し過ぎ〜


「あああああ歌と合わないいいいいいい」

震えておいででしたけどw


だってカーニャだし。


カーニャ、シギリージャ、タラント、あたりは長さが違うから

大変よね。


初出しは緊張すると思う



でも、どこかで初を出さないと、出さないからな(当たり前)


私も半分、同じカーニャを習ってるんだけどね

出した事ないまま、闇に消えてるなー


カーニャってこういう感じ、ってことは覚えたけど。死んでるなー



いつか生徒に教えてあげよう。曲は好き。綺麗だもん



なんだかガチガチに緊張して踊ってましたけど

まあ、緊張ってするよね


人間味があって私は好きだけど。


それを皆が、盛り上げようとしている姿も良かったと思います



そして、場数って大事だなあと思って帰ってきました


ノモちゃんが出てたけど、慣れてたもんね。


安心するよね。



楽しかったです

やる事多いなー

2018年10月22日
色々と、自分の技術ももっとあげて行かなくちゃいけないので


やる事多いなー


全く以て疲れない身体、とか、分身が3つとかあればいいのにな

そして宝くじが当たってスタジオ持てたらいいのにな

いつでも練習できるような環境


ってフラメンカなら誰でも思ってるわね・・


まだそんなこと思ってるのよw


20年もやってても・・。

同窓会

2018年10月22日
先日、私は行けなかったのですが高校の同窓会がありまして


50になる歳に大々的にやるっていうのは、凄くいい試みで

32年ぶりに沢山の人が再会したらしいのね

それで、今ってSNSがあるので、そこから色々な人とまた繋がる事が

出来てるみたい


私の所にも何名か連絡が入り


卒業アルバムを見ながらお返事


女性はそんなに変わってないけど、男性はどーも


見た目が違う?になってる人もいてねw


時の流れを感じます



それと、男子が多い学校でした、だから、男子は女子のことを良く

覚えているのかもしれないけど、女子は同じクラスになった事がない男子は

全部、覚えているか?っていったら覚えてないねえ。


あの頃は全員の名字くらい知ってたけど、話した事が無い人と

32年ぶりじゃあ???わからない


それで、アルバムみながらお返事


「ああ、なんかこんな人いたなあ〜」とか思い出しながら


「同じクラスになったことあるよね」って言われても


うーん?そう?


あたし、1年は何組だったか忘れちゃったわ・・・


じゃ、担任は誰だった?


確認したら3年間1度も被ってない


もしかしたら3年間、1度も話した事無い人かもねw


でも、こうやってまた繋がるのは便利だねえ


まあ、便利な反面、怖い事も多いけどねSNSは


同級生に悪い人はいないって思うけど、まあ、わからない世の中、ではあるね。


聞けば吹奏楽部がまた、全国1位になったそうで、これで7年連続だって


私が在学中も全国1位だったんだよな〜


相変わらず強いんだなあ


先生凄いなあ〜。お変わり無し!で指導されてるみたいだ。



まあ懐かしさに思いを馳せる、10月です。

お休み

2018年10月21日
日曜日の可愛いスパニッシュの先生のレッスンをお休みするって

先ず無いのですが


さすがに疲れて、今日は休んだ


もーーーーーーーーーーーーーーーー

電車乗る気力ない

一応、復習はしたんだけどシギリージャ


でも、もう、今日動けないな〜

と、思い切って休んだ。ああ遅れるのが怖い


でも来週日曜のこともあるし、明日も友人のLIVEはあるし


木曜のスパニッシュの先生のリサイタルも外せないし


今日しかないなー休むところ。みたいな



まあ、家にいたら家にいたで、やることあって、寝てられる訳じゃないんだけどさ。


取り敢えず発表会の座席表の確認やっとこう


プログラムと


事務仕事が1番苦手なんだけどさー。




そういえば昨日、マイウェイを歌ってたなあ


誰もが知ってるマイウェイ


これ、グアヒーラの前に歌うパターン持ってたな、にーさんが


それもいいな、なんて思ったりして。


ああ、群舞のやつね。フラメンコは離れないね頭からw

布施明

2018年10月21日
なんと昨日は布施明さんのコンサートに

初めて行ってきました〜

Aさんのお姉様が大ファンで、毎年いかれるのだそう


そんな話を昨年Aさんに聞いて


「あの人、歌が上手いじゃない、いいね〜」なんて言ってたのを

覚えててくれて

今回、お誘い頂きました


しかもご招待!!


数日前に沢田研二がコンサートドタキャンしてたんで、

こっちはどうか?みたいな話題が飛び交ってましたね


三姉妹と私と、お友達と若い事務員さんと


まあ賑やかですよw


ウチのママンが柴又で6人兄妹の4姉妹


これが集るとまあ、うるさい。


なんかそれに似てて面白かったw




コンサートはいきなり2曲、凄く歌唱力が必要なのを歌い上げ、

続けてヒット曲の「君は薔薇より美しい」

これ、私聴きたかったやつ!やった!!


いや〜


畳み掛けるねえ〜


この、持って行き方はイイネ


そこからずっと歌いっぱなし


凄いねえ


聞いた事ある曲があと何曲かあった。シクラメンのなんだか、とか。


ああ、歌謡曲だなあ〜日本だなあ〜なんて言うのも

楽しかった

フラメンコとは違うステージ使いなので、スピーカーの多さや


ああ、舞台上にあんだけ照明おくんだな、とか


ライティングとかじっくり見ちゃった

なんせ前から10列目のドセンター!


良いお席。



あとねトークも面白かった、


やっぱねえ、トークを挟むなら面白くなくちゃね。上手に新しいCDの

宣伝もいれたりなんかしてw


なんだったかなー言葉を忘れてしまったけど、表現する事について

話してたね。


歌っていうのは語りなんだ、とか、そんな感じの話

それから、いつまでたっても、ゴールが無い、みたいなね、完璧ってないなあ

自分はまだまだだって話し


芸事はなんでも同じだねえ

同じ事を思う


まあそれにしてもホントに凄い歌唱力


だって


70歳ですってよ!!


プロだねえ〜


声の衰えを感じなかったもんなあ


とても楽しかったです〜



余談ですが知り合いの舞台監督さんが10年前くらいまで、布施明さんの

コンサートを手がけてたと。

フラメンコの舞台でしか見た事なかったけど、こういう、ステージの方が

色々場面変えるのが多くて難しそうだなーとか思った。


踊りでも使うけど、ここで!止める!ってところで照明つけたり

消したり。


歌とピタッとね合わせる効果


凄いな〜と思って見てた


踊りの場合もよく使う


ピタッと踊りも止めなきゃダメなのよ。止める技術。

九星

2018年10月20日
今年は八方塞がりの年だって言うけど、確かになー、とは思う

でも同じ歳の人、みんなそうなのかしらね?

停滞の3年間。

やっと来年少し抜けるらしいけど、まだまだ先まで運気は上がらない。

まぁ年齢的なものもあるんでしょうけどね。

五黄土星ってのは強運もあるけど

とにかく人に苦労する運命らしいね。


まぁ巡り合わせ、世の常、みたいなのは誰でもあるし

人生山あり谷ありなのはわかってるけどね。

だんだんその、繰り返しを強く感じるように

なってきた、って事なんだろーなー


で、この時期は自分磨きに時間を費やした方が後で実になるっていうから

練習時間とか増やしてみたんだけどさ(笑)

来年も、引き続き

だわね。


更に増やしてみよう。

グランデセオ

2018年10月20日
昨日は28日のグランデセオLIVEのリハーサルでした


一応、私のバースデー祝い!となってます


仲間達が踊って祝ってくれるそうで

とっても楽しみ


先輩のお教室の生徒さんも2名出演してくれて、華そ添えてくれます

キュートなガロティン。いいですね

ガロティンは明るくていい


ノモちゃんのアレグリやルナさんのシギリージャ

そして大先輩の柏さんのタンマラ、と内容は濃いですね

とても楽しみ、で嬉しい日になりそうです


カンテの定直さんは昔から知ってるけど、歌ってもらうのは初めてなのよね

どうかなー?

上手く、歌、拾えるかな〜?とソレアをやってみましたけど

大丈夫そうだ。多分・・。


カンテって言うのは不思議なもので、聞いて、「わ〜素敵な声」ていうのも

ありますが、踊って見ると、「何これ?のせられちゃう〜」って言うのは

また別にあり。そこがプロの凄い所なのよね

ああ、もちろん、定直さんの声も素敵でしたよ。

当日が楽しみです


さて、そして、私の生徒達


どう?踊ってくれるのかな?


楽しみです


とくに心配はしていません


これに関しては口出ししないでおこう、と決めてます

成功を祈る




ワクワク

2018年10月19日
伴奏が付いて、なんとなく、流れは皆、わかったと思うのよ


なんだかボンヤリしていたところが、ハッキリしてきたと思うのね


まあ、セビジャーナスチームはね、まだまだギターに慣れて無いので


伴奏ついたら、逆に解らなくなった、って事が起こってるけど

それ、あるあるだからさ。仕方ない

どうやってギターを聞くのか拾うのか?それに慣れて行くのが

課題だから、仕方ない


そして、これが生演奏の怖さ、面白さ。そして、それがフラメンコだよ。


普段、いくらCDを聞こうが、YouTubeを見ようが、それに対して


正確なパルマを打てなかったり、それに合わせてマルカールが

出来なければ「聞いてる」うちには入らないんだよね

それは「流している」

流してるだけだとね、身にならない、てことはハッキリしてる

耳慣れる。けど身にならない。これいかに!ってくらい差があります


ギターの閉まるところ、落ちてくる所、入り口、いろいろ

自分がそれに合わせて踊ってると想定して聞かないと、いつまでたっても

わからない。

だけど、それが自分で出来る様になるには時間がかかるね

まず、セビジャーナスチームだと難しいわねー


だけど、勘のいいセビチームです、きっと今回でいろいろ学習したんじゃないかな?

これを難しいといって難しいままにするのか?

難しい、でも面白い!と耳を澄ませるようになるのか?はわからないけど

聞こえて来たときの喜びって凄いわよ


で、それは置いといて〜

本番が近くなり、リハーサルもはいり、スケジュールも増え、

皆さん大変だと思うけど、フラメンコは生ものだから、どうしても避けられない

でも、そんな中、この気ぜわしさの中にも、本番をワクワクして待ち始めてる

人もいるね

昨日、帰りの車の中でそんな話しをYさんとしたんだけど


「わかるんですか?」って驚かれたけど

解るわよ〜

顔つきが違うから

もちろん皆、「不安」も抱えてると思うけど

それ以上に、本番を楽しみにしている様子も見える


怖い!!でも楽しみ!!みたいな感じかね


そんな姿を見て、私はワクワクしてます

国立 ギター伴奏

2018年10月19日
昨日は国立に伴奏に来てもらいました


さて


わりと落ち着いてはいる国立だけど、

どうかな?

まずファンダンゴからいきましょうかね


出だしのタパがちょっと力みすぎて重たい


ま、仕方ないか。力むよね、そりゃ力む


まあでも後は、迷う事も無く、派手に間違える事もなく、


問題の最後の足も1発OK!!


やった!!


ここどうかなーと心配してたけど、伴奏ついたらノリがでて行けた!

って感じ


うん。いんじゃないかなー


悪くないと思う



まあ、暑かった今年の夏の間もよく、頑張って練習してくれました


ぐっと力が付いた感じ


成果がでて来た。


もうちょっと詰めても大丈夫だと思う、さらに完璧、を目指そうかな


せっかくここまできたんだからね。

3で振り返るのとか、もっと体幹使ってピタ!!っとなったら綺麗でしょうね

いま、グラ付いてる人もいるから。

あとは足の音だね。ピリッとしたいねえ

ああ、理想は高く!がいけそうな気がします



それからアレグリ


衣装効果は勿論あるのですが、でもまあ客観的にみても

これはアレグリ、に見えるでしょうね

昨日は歌がなかったけど、歌がついたらもっと華やかになると思うわ


細かいことは多々あれど、一先ずはこれくらい落ち着いてればいいと思う


望みは、「踊って」ほしい「楽しんで」欲しい


それが無いと、アレグリアスは成立しないんだ


まだあと1ヶ月ある


もっともっと流れには慣れてしまい、余裕で動けるようになって

「楽しんで」欲しい

技術力はいまからどうにかなる物ではない。今までやって来た事を


出す時期であり、今からどうにか。は出来ない


だからもう、そこは置いて置いて、うんと3人が楽しんで踊ってもらいたい


もう1度言っておくけど


「踊って」


動きを追うのではない。


1番ダイジな事だね

伴奏

2018年10月18日
まあ、ドタバタだったんだけど、昨日


そして、今日も国立があるんだけど


なんだかんだで皆、大分、いろいろな事ができるようには


なってきたので


前から付けたかったんだけど、ギター伴奏をつけるかなあ


2ヶ月か3ヶ月に1度くらい


ちょっと予算が別途かかるけど


これが必要だと、今回でわかると思う


どんなにメトロノームでやっても、ソロコンパスでやっても


生のギターで踊るのはそう簡単ではない


そこがフラメンコの面白さであり、難しさである


また、ギターさんによっても全然ちがう音色やファルセータが来るので

だけど、だけど、なんだけど、ちゃんと出してくれてるアセントは

皆、おなじ


もう、これ耳を鍛えるしかなくてね

聞いて覚えるしかないんだ



来年からは取り入れていこうかなあ、本気で。



まあ、やっと、そこまでレベルが上がって来たんだね


最初はそれどころじゃないからね。

青梅クラス 2

2018年10月18日
セビジャーナスは昨日、私が希望の曲が歌えないので


取り敢えずミララカラでやったんだけど


それだとわかるみたいね


もう1曲の方だと、〆がわからなくなるらしい

ギターさんが親切に、「コードが違うだけで、やってることは同じです」って

弾いて聞かせてくれてたけど、わかったかなあ


セビジャーナスは全部、同じなんだけどさー


聞き慣れないって、こうも左右されるのね


まあ、3日に歌がちゃんと付くのでそこで調整してみよう


踊りは間違ったりしてたけど、大した問題ではない。本当は出来るはずだから。




で、問題のタンギーなんだけど


夏祭りの時よりはだいぶ良いみたい


流れが解る、と言われました


もう、前回までは流れが見えない状態だったので


先ず、皆の中にタンギージョが流れてなかったからね


足音は揃ってないし、足もプランタやタコンや間違ってるんだけど

それでもどうにか、やり通した

後は慣れる事と、足運びを間違えない!これ


もう、足音と揃えるは、今後の課題


だけど、なるべく、この2つも気にして行きましょう


後半、追い上げる足が遅れてくるのでスピードに慣れる様に、来週からは

そこ重点的かな


最後でスタミナ切れちゃうとカッコ悪い


もっとやりきった感が欲しい


全体的に動きが小さいので、そこだな


安全パイでおどっちゃいかんのだ


隣にぶつかってしまうくらいで、踊ってくれなきゃ


派手さゼロだよ


曲がどんなに賑やかでも


ちんまり踊ってちゃ、つまらないね


もっとノリノリで派手に動いて欲しいのが希望




まあ、昨日は歌が無かったので私のつたない鼻歌で行なったから


皆もピンとこなかったと思うんだけど


イメージだけつかんでくれてればいいんだけど


どうかなあ

青梅クラス

2018年10月18日
昨日はギターさんが来て

発表会のギター合わせ



ギターがつくといろいろと惑わされやすいので

まあ、慣れてもらいましょう


とりあえずやってみましょう


問題は前奏がつくとわからなくなるってやつなんだよね


いつもの踊るメロディの前にオマケがついてくる


それでもう、拾えなくなってくるので


1回ギターは〆てくれるんだけどね、それが聞けないんだよな


普段、ギターが付いてないから仕方ないんだけどね


どちらかと言うと、そこを重点的にやりました


ファンダンゴは歌ぶりは聴けるみたいなんだけど


エスコビージャはいったら、どんどん早くなってしまって

いやー、もう、どこにも合ってない!みたいになった

それと、エスコビージャ部分がいつものソロコンパスの曲ではなく

ファルセータを弾かれたので、もう、わけわからない、みたいになってたな。


うーん。でもせっかくギターがつくし、発表会なんだから

そっちでいこうかな

で、もうエスコビージャはいるとガシガシ足を打つんだけど


合ってないし、音は汚いし。

第一、ギターきいてるかな〜?

それじゃあ、ギターと足の音とが噛み合ないねー

もうちょっと丁寧に落ち着いて足をおきましょう


綺麗な足音だったら、そんな強く打たなくても普通に、ギターと噛み合うわよ


まあ、そこが生演奏で踊る、難しさかな


あとはもし、強く足を置いたとしても、綺麗な足音だったら、

それと真逆なギターの静かさ、っていうのも、それはそれで

噛み合うはずなんだけど


いかんせん、音が汚い

だから噛み合ない。


音が揃ってない、汚いっていうのはどっちにも転ばない


でも「強く、ハッキリ」っていうとガチャガチャになってしまうみたいだから

それならば、ギターを聞いて、丁寧に置いてみよう。


こっちにしてみよう。としてみた



足の音、足の音っていつも言うけど


伴奏がつくと、すごく影響が出て来る


やはり足の音は良いに越した事がないね


だって靴は楽器だもの。


そしてやはり、群舞は揃わないと、雑音でしかないね

これが難しい。


続く

次のページ