本日 166 人 - 昨日 396 人 - 累計 902828 人
RSS

CANTE !CANTE !CANTE!3/29

フラメンコの人生観



那須慶一です。



まだフラメンコを習い始めたころ、グループレッスンが終わると、生徒たちが持ち寄ったもので、ワインを飲んでワイワイ打ち上げをよくしていました。

そこに死神博士で有名な、東大出身の俳優天野さんがよく遊びに来ていました。

寡黙で毅然とされた老紳士で、小森先生のギターをバックに、ガルシア ロルカの詩の朗読を良くしてくれました。

そんな天野さんが、よくスペイン人の人生感、死生観を語ってくれました。

スペイン人はこの世で唯一の存在でありたいと願い、人が孤独であることを意識している

また、常に死を意識しているので、遠い未来ではなく、今、この現在を精一杯生きている

というような難しい話でした…

こうした意見が正しいとか正しくないとかは別として、

たしかにおもうのは、

フラメンコをやるスペイン人は、寿命が短い方が多く

また人生も濃い人が多いなあと…ww

曲でいえば、ソレアも、その孤独感には悲壮な感じがないし、

アレグリアスも今を生きているんだというようなどこか突き抜けた明るさがあるな…と

貯蓄率が世界一で明日に備え、周囲の空気読む事で処世している傾向がある日本人とは正反対なんですがだから惹かれる部分が多いのかな…

あくまでも、ひとつの見解ですが、様々な観点から、フラメンコに触れてみるのも、お勧めですよ。