本日 273 人 - 昨日 439 人 - 累計 901221 人
RSS

エリートな火曜日

今日は青梅クラスの日です

先にブレリア

その後ファンダンゴ


ブレリアは30分のクラスです


前から少しずつブレリアは入れておいたのですが


クラスを受けるのは初めての2名


振り付けだけもらうのではなく、組み立て方を教えて行きます


まずはマルカールを永遠と繋げるというお題


これが難しいね


慣れるまで時間がかかる


とにかく長い時間マルカールで繋がせる


1曲踊って、というのでは無い


「マルカールしてて」


マルカール地獄



私も最初にマエストロにこのお題を出されたときは面食らったんだよね


1分と持たないし、何やれば良いのか?


CDはずっとかかってるし、終わるまでマルカールしてって言われるし


クラス中がざわついたもんだ


そのうちに慣れたけど、1年くらいかかったかも


これを何年もやったんだけど、今、自分もすっと出来ないので

一緒に自分も訓練中


火曜日メインのファンダンゴチームって言うのは

良い脱力感があるクラスで


何か難しいお題を出しても


受け入れ態勢が凄い


「出来なくても良いからやって見て、とにかく動いて見て」

の、ような声に素直に反応する


「えー!!」とか「出来なーい」とか


1番良く聞く「難しい〜」って声が上がらない


これが凄い



だから「エリート」って呼んでるんだけどw

意味合いは普通のエリートとは違う


でもフラメンコの生徒としてはこれって凄いエリートだと思う


そんな2名が今、ブレリアに向き合ってます


素直な分、成長が楽しみです


ブレリアは踊る時間は短いけど、中身がギュギュッと詰まっていて


出来なきゃ行けないことが多い


足の音も、体幹もスピードも、コンパスもいっぺんに全部出来なきゃダサい


ダサいのよ。困ったことに


カッコよく踊るために色々備えなきゃ行けないんだけど

それはどの曲でも同じなので、ついでにヌメロもカッコよくなるわけだから

良いじゃない?


ブレリアって短い分だけそこに気づきやすいので、

色んなことに取り掛かりやすい?んじゃないかなあと思う