本日 139 人 - 昨日 396 人 - 累計 902801 人
RSS

愛犬

愛犬のヴィちゃんは15歳の老犬

5月には16歳を迎える

一昨年、体調を崩してから、この1年、本当によく

頑張ってくれているんだけど


ここ、2、3日で様子が急変

子宮内膜症も持っているんだけど、老犬のため、手術は不可能

で、悪化しないように薬でだましだまし。

この、内膜症で命を落とす、ってなると、結構、苦しいみたいなので

それだけは避けたいところ。


ちょっと様子がおかしくなったので、慌てて病院にいったんだけど

老衰、のほうが強いみたいだなあ


昨日、点滴を打って、様子見。


一昨日よりは目を開けたりするようになったけど

とにかく食べない


食べるのだけが元気のバロメーターだっただけに、これはマズイ。


何があっても食事だけはしていたヴィ。


それが食べるのを嫌がるのは、調子が悪い証拠


身体が小さいので、食ベなくなると、体力落ちて、あっと言う間だろうな

っていうのはわかってる。花もそうだったし、先生も言ってる。

とりあえず点滴してるので必要最低限以上は、栄養ははいってるけどね

幸い、水だけは飲もうとするので、ちょっと安心してるけど


ああ、いつか必ずやってくる、その時が近いんだなあと

実感。


だけど、泣いてるわけにいかない、結構、世話が沢山ある

急に足腰も弱り、ほぼ立てない

立って、お水を飲みに行く、まではいいんだけど、戻れなくて変な所に

転がってる


オーイ!!みたいな。


目が離せませんが、こうやって私を忙しくさせて、気を紛らわさせて

いるんでしょうね、きっと。



昨日は1日、Yahoo!て犬用介護用品を検索


急に弱まったので、色々必要なものが間に合ってない!!

私がお出かけしてる間に入れておくケージが必要だ。家の中には

危険がいっぱい。オシッコもどこでしてもいい用にケージに入れよう。


後ろ足用、ハーネスを買って装着した次の日に、前もダメになってきた

展開が早過ぎだヴィ。。。。


まあ、もう、この先は持ちこたえたら万歳!だけど

万が一、の事もあるし、年齢もあるので、なるべく、側に居ようと思う

そして、なるべく、普段と同じ生活、同じ接し方にしようと思う。


ちゃんと犬は「生活音」を聞いていて、それが無いと不安になるだろうから。


自分が、OLとかじゃなくて良かった

普通のひとよりは働く時間が短いからね。融通もきくし。


こういう、辛い話は人に向けて発信するものではないのでしょうが

いかんせん、私は書いて、発信して、心を整理するタイプなのもで

ご了承くださいね。


ちっとも平常心でいられないのが現実


でも、平常心でいようと思う。


先に入っているLIVEも、たまたま立て続けに入っているのは

ヴィが私の気を紛らわせるために、呼んだんだと、思う

2件とも、友人達とのLIVEなのも助かってる。仲間はいつも優しい。


シギリージャの練習も、した方がいいのだろう。


普段はなかなか厳しい、フラメンコだけど

こんな時はいつも優しい。


私に、やる事を与えてくれる。


ヴィにもフラメンコにも


「しっかりしなさい」と言われているようだ。