本日 163 人 - 昨日 396 人 - 累計 902825 人
RSS

ほんの少し

タンマラの個人があったんだけど

どうにも身体が固いタイプの人なんだけどさ


「身体が固い固い」の方に意識が強すぎて

余計、固まってる気がする訳

固いってことは自分でガチガチに固めてる、ってこともある訳だ



足とかもそうなんだけど、先ずは大きくてハッキリ良い音を求めるんだけど

全部、それじゃないでしょ。曲に使うときは強弱もつけるし

緩急も付けるし


で、小さい音なんだけど、でも「綺麗」に出すときって

全部、抜いちゃうと良い音は出ないけど、どこかを「ほんの少し」抜いたり

固める所を全体でなく、おへその奥あたりを「ちょっとだけ」締めたり

と、身体の使い方がかわるじゃない


姿勢を綺麗に、とか軸しっかり持って、とか言うけど

「固めて」では無いのよね


胸の前はリラックス、とか息はいて抜いて〜とかも言ってるんだけど

足だってプリエを入れてるのは振動の吸収や稼働域を広げるため

だったりしてるんだけど、「ブレないで」って言うと

固めちゃうんだな。


ほんの少し、緩めるとか、ほんの少し、先に動き出すとかしないと

「しなやかさ」が出ない。「柔らかさ」っていうのも

踊りには必要だね。両方有るから、緩急がついて面白いんだよね


もちろん、超頑張る足の時に「無酸素運動」みたいに使うときもあるよ


だけど、それが全部じゃあ、見てる方が辛いわね



後まあいつも言ってるけど、動き出しはおへそに近い所から

それから腕の動かし方なんてどれも同じだ

基礎に乗っ取って大体付けてる

パソデブレリアの腕の動かし方はこれにも使うし

基礎で使ってる腕の範囲はタンマラでも使う

なんだか美しくないな?って思ったら、基礎に当てはめれば良い

それの応用でしかない


上がると下がるが同時に行なわれてる、とか、そんな感じで使ってる

だけだから、じゃ同時にスタートするんだから対局にうごかなきゃバランス

悪いわよね?ちょっと考えれば綺麗になるんじゃないかな?



身体柔らかくしろ、とは言わない。

年齢も年齢だし、柔らかくなるとは思わない

そんな事に時間をかけても、無駄。


若い子ならいざ知らず。

そうじゃないんだから、そんな時間は無い。


かわりに「柔らかく使う」とか「柔らかく見せる」は使い方次第で、できるんじゃないかしらね?


そっちに頭を切り替えた方が良いし


先ず、「頭を柔らかく」かな。


自分もそうなんだけど、なかなか上手くいかないときって


「こうじゃなきゃいけない」って言う、思い込みが激しくなってるんだよな

でも、その使い方、間違ってるときが多い


押してダメなら引いてみて。


あ、固めるんじゃなくて、緩めるんだ!とか発見するから

だって、固めてて出来なかったわけでしょ?