本日 30 人 - 昨日 420 人 - 累計 904870 人
RSS

師としては

月曜、火曜と、義父の葬儀でした

義理の父なので、そんなに私が哀しいということはありませんが、

長年、少年野球の監督を務めた義父、

遺言?に、野球の子供達がくるから、お通夜に「唐揚げやサンドイッチを用意

するように」と、あったのですよ


葬儀の段取りを決める際に、残された遺族は「うーん??」と

ここ、2年程は患っていた義父、小さい子供がそんなに沢山くるかな?

と。


義父が最後にしっかり見ていた子達はもう中学生くらいになるし

どれくらい来るかな?予想がつかなかったのですよ。

まあ、来ても、もう中学生くらいだし、お寿司も食べるでしょう?

と、なり普通にお寿司の用意をしたんです


お通夜が始まり、暫くしたら、制服を来た男子達が入って来て

5、6人まとまってたかな?

ああ、来てくれたんだ〜。やっぱりもう中学生になってるんだね、

義父の中ではまだ小学生の子供達のイメージなんでしょうが、

すっかり大人になっている

でも、みんな手を合わせに来てくれて、良かったな〜

なんて、思いながら見てました。


そしたらね、その、もう少し後に今の監督かコーチと、思われる人に

連れられて、

沢山の少年野球のユニフォームを来た、男の子、女の子入って来て。


!!

もう、小学1年生くらいの子は何がなんだかわかってない感じで入って来てる


のだけどね。照れ笑いなんかしちゃってて


その、引率されてる方に「お辞儀しなさい」とか「はい、手を合わせて」

とか色々言わせながら、通夜の作法をし、遺族に一礼して帰って行ったのですが

あれは多分、チーム全部で来てくれたのだと思われ



もう、感激!しました


いやー、義父の葬儀で泣くってことは無いかなーきっと。なんて

思ってましたが涙腺崩壊です


これは喜んでるだろうなーって思って。


義父の今までの功績が讃えられた一瞬でした


慕われてたんだなあーと。


これは師としては

嬉しいだろうなあーって思いました


「お義父さんよかったねー!!」と心の中で叫びましたよ


義母も後で、「お父さんを見直しちゃったわ」なんて言ってました



少年野球に関しては義父の世界であって、家族はそれほど、最近の

中身を把握してなかったので、それには驚きました。


だから「唐揚げ」って言ってたんだね。

お寿司モリモリ食べてたらしいけどさw

「唐揚げ」用意してあげれば良かったーー!!と後悔したわ。




こんなに大勢の子供達が来てくれて、また、卒業して成人した人も沢山来てくれ

ました。


時間に間に合わなかった子供達も、遅くになてから父親に連れて来られたりして


総勢270名の方。


もう現役退いてるのに、沢山の方がお別れに来てくれました。







野球のユニフォームと帽子を被って旅立ちました


自分の場合はやはり、衣装を着るのだろうか?靴とかカスタネットとか

入れられるのだろうか?カスタネットは苦手だからやめて欲しいわ・・


などとボンヤリ思いながら見送ってきました。