本日 397 人 - 昨日 412 人 - 累計 900485 人
RSS

コルドベス

昨日は自主練と〜個人レッスン有り

タラントは大分、熟れてきたけど、やはり要所要所、身体の使いが甘く

動きが汚い所もあるので、直しているが、なかなかね

上半身の瞬発力ってのは難しいね


あとタンゴ。

タンゴのノリっていうのが日本人は重たくなりがちだからね。

軽快さ、とかでないとなー。まだまだイメージが浅く、タンゴずっとかけて

マルカールしてみてるんだけど、まだ入ってこないなー




終ってからは個人レッスンのガロティン


まだ、出だししかやってないんだけど


コルドベスを使うわけだから、それに早くも翻弄されてるね

通常もブラソを上げ下げするだけでも、腕に下半身が負けて、フワフワに

なりがちなところへ、コルドベスを持つ訳だから、更に負ける訳よ


どうなるかっていうと、下半身が上に引き上げられてしまうので、肩も

上がるし、足の音がでない


小道具を持たなくてもその現象は起こる訳だから小道具使うと更に

なんだよね。アバニコだとしても同じ。パリージョでも同じ。


とにかく、上半身と下半身を分けて自分で感じられる様になってこないと

できない。

これは10年くらいかかると思うよ、わかるようになるまで。


わかる様にするには腹筋をつけるとか、足の打ち方がちゃんとできるように

なるとか、いろいろ重なってこないと出来ないんだけど


昨日も話したけど


踊りってスポーツだから。

舞台上以外は、つねに訓練と鍛えしかないから。

過酷よね。



まあしかし

「いろいろ難しいけど、それが楽しい」って言ってたので

鍛え甲斐はあるかな?と思ってる。

時間はかかるでしょうがやってるうちに、身体も鍛えられてくるので

安定してくると思う。