本日 146 人 - 昨日 396 人 - 累計 902808 人
RSS

ファンダンゴとタンギージョ

発表会が終ったら、この2曲を組み込んで行く予定である


近年、イロイロなヌメロがあり、忘れられがちなこの2曲であるけど

セビジャーナスは本当に基本中の基本であり、これが踊れないと

始まらない部分もある


次に、重要とされているのがこの2曲


(いや、コレだけじゃないけどねどの曲も重要よ、そこは勘違いしないで

頂きたい)


フラメンコはどの曲も難しくて、どれが初級でどれが上級とかの壁もない

いかようにも難しくできるし、長くも短くも出来る

そこに面白さや難しさがあるのですが


カンテを良く知るとわかるんだけど


カンテグランデと呼ばれるものとカンテチーコと呼ばれるものと

大きくわけると2つになる


カンテグランデからカンテチーコは別れて出来ているので

グランデをしらないと、他には辿り着けない


まあ、とても大雑把な説明ですが。


まあ、日本語にすると大きい歌と小さい歌で、大きい歌をしらないとね、

って話しだ。大元のベースとなっている歌の事ね


なのですが、これを上手く書け無いのですが

全ての歌はタンギージョに繫がる

と言う、事実があるのですよ

これが解る様になるまでは時間がかかるのですが、


最終的にタンギージョで全部取れる、っていうのがあるのですよ


これが不思議なんだけどね、そうなのよ。

あれ?ここのリズムわからない?って時にかならずバックから

「タンギージョにはめてみて」と言われる

はめると解るのよね。まあこれは数学的な話しにもなると思うんだけど

12と言う数字がキーワードで動いているので、③でも4でも②でも割れる

から、っていうのはあると思う

上手く書けませんが、ネット上にもイロイロ解説が載ってるはずなので

調べてみてね〜


で、まあ、タンギージョを組み込もうと思う。昔昔、自分が習ったときの

タンギージョカディスはどちらかと言うとタンゴのリズムの取り方で

習ったけど、これは初心者には仕方ないかもしれないけど、

タンギージョの本来のパルマってのは違うんだよね

あとカディスじゃないやつはタンゴに聞こえる。イロイロ種類もあるんだよね。


まあ初心者にはそこまでやらないけど、1度やって動きの道筋を付けておき

何年か後にもう1度バージョンUPしてやりたいな、と思っている。

5年計画くらい。間、違うヌメロも挟み、理解力を深めたい。



それともう1つ

難しい曲の代表、ファンダンゴである

これは民謡であり、特にカンテでは難しいと言われている

ファンダンゴで新人公演で賞を取った人はいないんだよね

まあこれは民謡でフラメンコではないから、という説もある。が

とにかく難しいらしい。

スペインではファンダンゴの大会があり、ファンダンゴの名手というのが

いる。それぐらい、愛されている曲らしい


日本ではそうでもないけど、カンテさんは皆、好きだし、拘るね、この歌に。

で、まあ、曲自体は、セビジャーナスみたいに1~4まであってー、わりと

短いので、初心者のうちに習う事が多いと思うんだけど


LIVEなど出る様になると、必ずファンダンゴの壁にぶつかる

そして、バイレは皆、やり直す

私もそうだ

初心の頃に習ったファンダンゴがあるが、何がどう?ってことは

理解しないでやっていたので、上手く踊れないのよ

ノリとか、ゼンゼン解ってないの

それで困って、可愛いスパニッシュの先生に習い直しにいった

で、少し,解ったし好きになったけど

まだまだだ。


セビジャーナスと同じリズムなんでね。セビジャーナスがいつまで

たっても難しいんだから、ファンダンゴだって難しいわけよ。


まあ初心者はそこまでやらなくてもいいけど、ベテランは今一度

深めて行くことをするべきだろう。身体使いを直して行くのにもちょうどいい

と、思う。そこも組み込んでいくつもりだ。


多分、ベテラン勢が昔ならったファンダンゴは1〜4まで踊り

アリマテがはいるパターンなんだけど


このファンダンゴにもファルセータもエスコビージャも入れて行くことが

できて、構成自体も変えられるのよね


そこらへん知ってもらいたい


とファンダンゴも今後、イベントなどで出して行きたいので

もうちょっと群舞的に綺麗に見える様、華やかな始まりにして

見ようかな?と思う


いずれにせよ、この2曲は自分としても課題なので

皆と一緒に、やり直して、自分としても理解を深めていきたいと

思う。


自分もそうなんだけど、「習った事がある」というのと

「踊れる」ってのは別の話しなんだよね