本日 248 人 - 昨日 783 人 - 累計 864810 人
RSS

ベテラン勢のやる事

さて、ここは厳しくいくチームである


ベテラン勢のアレグリアス、歌ぶりの腕の汚さ、


ジャマーダの腕が揃っていない。身体使いの変な癖もなんとかしたい


もっと歌ぶり伸び伸びしたい。と途中にある片手は下に降ろすところの振り

手がついてなく、胴体だけで見せる箇所なのに、まあ汚い。困った

揃ってもいないし。こういう所が大事だし目立つわけよ。




エスコビージャ、入り方が汚い、アセント全くない。あーあ・・

足を打てばいいってものではない、と、再三言ってある

ベテラン勢は「振付け覚えるのは当たり前」であることを忘れないで欲しい

いつまでも振付けに追われていたら、その先の事が何1つできないよね

振付けを覚えた上で何か表現をする、リズムを奏でる、アセントを意識する。

それがベテラン勢が勉強しなきゃいけないことだ

振付けを途中で変えられたくなかったら、やり熟してくることだ

見るに耐えられないものは変えて行く



最後の終わりの集まり方と足の音が汚い

終った感が見えない



ギターとカンテから1度も「ole~」が出なかった


これが1番残念



ブレリアは、気張り過ぎが激しいが、全身で動いているMさんの

がバックには伝わりやすい、と、感じた

気張り過ぎな分、足音が汚いのと、足のメロディをあまり理解していない

のが残念だけどね、ボンヤリ踊るよりいいと思う

一人で踊るなら、アレぐらい全力感をみせないと、なんら伝わらないだろう


「全力で踊ってるんです」と、言葉で訴えるもので無し

お客さんが見て、わからないといけないんだ。

たとえそれが、その人の全力であり、限界だと私が知っていても

駄目なんだ


あー

厳しいね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

でも、まだ伸びるでしょう、皆。