本日 218 人 - 昨日 783 人 - 累計 864780 人
RSS

振付け

テレビみていたら

羽生弓弦さんと野村萬斎さんが出ていて

なんでも羽生さんの今度の振付けは、「和」がテーマだそうで

動きや表現について、野村さんに尋ねている番組だったのですが

野村さんが

「振付けには意味がある」とかそんな事を仰っていたのですが

同じ!!

だなあ〜と思って見ていました


ストーリーという訳でないのですが


手が上にあがっていれば「天」を

とか足は「地」についているとか、そういう大きなイメージの話し

だったのですが

羽生さんはまだ、「振付けられたままに動いてる」と言ってましたが

「それの意味を考えなきゃいけない」とアドバイスされてました

「その人なりの解釈でいいけど、動きには意味があるんだよ」と


いやー、もう、本当にフラメンコも同じなんですよ

あとね。「引く」動き、


ここを見せたい為に、その前は音を出さなくて、最後の1つに大きい音を出す

とかね


本当に同じ!!


私はいつも「効果的」という言葉を使うんですけどね


より、目立たせたい箇所を目立たせるための効果を使えと、言うのですけど

同じ事ですよね。


踊りなので、そこだけ綺麗でも駄目で、そこに持って行くための

流れはどうなの?って話しをするのですけど


何でも同じだなあと。またまた再確認

落語も同じ。落ちに持って行く為の言葉の選び方で、面白さは変わるもの。


なんでも見て、聞いて、自分が夢中になっているものに置き換えて

考えるのは、とてもいいイメージ作りになりますね

いろいろとヒントもあるし。


今シーズンは羽生さんの演技に注目だな!!


フィギュアスケートのジャンプはフラメンコでいったらジャマーダやレマーテ

だろう

軽やかに滑っているところはマルカールだろうね

ぐーっと展開させていくスピーダやシエレもあるね。

フラメンコと同じ要素だよね。

この方はジャンプも素敵だけど、マルカール部分が綺麗だと思う。


今回の野村さんとの会話で沢山ヒントをもらっただろうし、

無駄にしないでしょう。きっと彼なりに消化して

ものにして来るでしょう

楽しみだな〜。