本日 297 人 - 昨日 414 人 - 累計 904264 人
RSS

細々と

こちらもお久しぶりなギターレッスンの日でした

1月は出来なかったな〜

だから2月は2回受けようと思う


とりあえず復習から

みんなぶつかるFの壁

今、絶賛ここ


指痛え。手首痛え。深づめ痛え。の三重苦


しかも三重苦なのに、こんなに痛いのに出来ない。腹たつ。


ま、しかし、先に進まないので一応、一応、復習もして行く訳ですよ

音は汚いがコードは合ってるってことでクリア


「じゃあどうしようか?このままこの先のエスコビージャのフレーズを弾くか?

それともこっちの出だしに合わせて、歌の方弾くか?」


歌の方が難しそうなんで(わからないけど)

リズムがわかりやすいエスコビージャがいいな


「じゃあ、エスコビージャやろうか?」

あ。じゃあじゃあ〜ソロコンパスと同じフレーズで始まるのがいい!!

「今のこれと違う?」

ちょっとだけ違う

「音源ある?俺わかるかな?」

わかりますよ。聞けば直ぐわかるはず



と、言う訳でソロコンパスを流す


「ああ、わかった。じゃちょっと書くね」


サラサラっとタブ譜と呼ばれるものを書いてくれるんですけど

私これに慣れてなくて理解するのに凄く時間がかかる


本来はわかりやすいものなんだけどね

読み慣れてなくて、また直ぐ勘違いして読めない。とにかく読めない

でもタブ譜書いてくれるw


もう、「読めない」とか言えないw


まあでも大体、先生が


「要するにこれはコードCを押さえてるのね」とか説明してくれるんで

少しはコード覚えたんで、なんとかなってる

覚えたと言ってもどの指が何弦の何とは口頭で言えない

鳴らして、これか?と思ってる解釈の仕方



先はながーーーーーーーいのだ。


でもいいの。



それで、出だしの1コンパスのフレーズ


・・・・


ホントになんでこんなにフラメンコギターってやること多いの?

「飾り」みたいなのが多いんだよね。


「そこ、アルペジオね」


アールーページーオー

「で、3は強く。アセントだからね」


なんか凄いギタリスト的な会話になってきてない??


実際は何も弾けてないんですけど、こうやって思い出して書き出すと

会話的にはギターの会話じゃないね?



「あ!!」

何か???


「ソロコンパスと同じにするならカポつけよう」

(そこまで同じじゃなくてもいいけど)

カポ出しまーす

どこに装着したらいいですか?


「6だね」

6!!

これでまた見事に指の感覚を失う私


6でセビジャーナスって言われたら弾けないな


そうか。たまにはカポつけても練習しないとな・・新しい発見


で、出だしの1コンパス


習ってお時間です。


でもちょっと知ってるやつだと楽しい


それとホントに初めて触った頃は、もっと腕とか肩とか疲れちゃって疲れちゃって

辛かったんだけど

多少はギターを持つことには慣れた


ホントに初めての時に比べて、よ。比較が自分だからね


世間ではまだまだ初めての部類だと思うけどさ


慣れって大事だな。と思う


ま、細々と続けておりますよ。脳トレです。