本日 390 人 - 昨日 412 人 - 累計 900478 人
RSS

ツジイノブユキ

昨夜、TVをつけたら「ツジイノブユキ」さんが

コンクールで優勝するまでのドキュメンタリーをやってました

盲目のピアニストね

全盲で聴覚だけで、あの、長い曲を覚えるんだから

凄いなあと。


で、その、コンクールが過酷でね20日間で何曲も何曲も課題が

あって。


ソロもあるし、カルテットもあるしーみたいな


1日10時間とか練習するのね。


世界レベルってすごいなあと。感心して見てました


で、その、カルテットをやるための弦楽器との合わせでね

ヴァイオリンの人が言ってたんだけど


ピアノだけ上手くてもダメなんだと、弦楽器との呼吸を合わせないと

いけないんだと。こっちがメインのときはそれを引き立たせる

ピアノでなければいけないんだ。みたいな。ね。


ああ、フラメンコも同じだなーと

思ってみてました


踊りだけ上手くても、歌だけ上手くても、ギターだけ上手くてもダメで

全部が調和されて、初めていいものが産まれる

三位一体って良く言うけど

この意味を理解するのには時間がかかる

肌で感じてみないと、この大事さはわからない



群舞でももちろん、感じる事はできるけど、

まあ、わかりやすいのは一人で踊ったほうがわかりやすいと

思うんだよね。


これを1度でも感じると、取り組み方が変わるのでね

早く、味わってもらいたいなあクラスの人にもと、

思うのです


まあ、やはり、基礎を責めるかw。そのために。