本日 175 人 - 昨日 420 人 - 累計 905015 人
RSS

アレグリアス論争

昨日の自主練はバッチリアレグリアスをやり

とにかく、激しい足技の連続なので、

もっとキレよく、そしてマルカールももっと大きくやりたくで

動き回ってた

やっぱ骨盤がズレると、ゴルペの音、悪くなるなあ


前にも書いたけど、このアレグリアス、エスコビージャのシングルとダブルの

間に1つ、音が多い

12が2回か、1が2回か、はたまた13があるのか?

なんだけど

何度、スパニッシュの先生に聞いても「問題はない」らしい

まあ、そういうパターンもある訳よ


大体、元々習ってやってた、ルンバ、あれの〆も多い訳


足が多いって訳じゃなく、4で終るから、ギターが1はみ出る感じな訳。

だから「?」ってなる人も多いので〆の足は3にして綺麗に4で終る様に

直したんだけど


ま、そういう感じなんだろう。


に、しても汲み取ってくれるギターさんと、「いや、それおかしいよ」という

人もいて、その、後者にあたったときに、どう説明するか?それとも

きっちり足を合わせて行くか?

だとしたらどのパターンがいいか?


これを


ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと語りあってる訳なんですがw

私達バイレ側はできれば習った通りに行きたい。もう、最初にそれで

習ったので、それが気持いい音になってるから


ただし、どうも伝わらない・・

きっとスパニッシュの先生がやったら、何の問題もないんでしょうけどね


ここらへんのセンティードの出し方がまだ未熟なんだわね


そんな話を

深夜12時過ぎた頃から

2時くらいまで

延々とLINEで・・・


LINEで語り合い


最終的には、


「ここからが1って言う、強い気持で!!」

みたいな結末


あとは音量調整かな。みたいな


とにかく、この話を、もう、1年くらいやってると、思う


もちろん、先生にも、聞いてみたりしたんだけど


「特に問題はない」そうだ。


まだまだいろんなパターンがあるってことだわね


しかしまあ、そんな話を延々できるって


幸せだ。


こういう話が1番好き