本日 200 人 - 昨日 420 人 - 累計 905040 人
RSS

スペイン人だってセビジャーナス

セビジャーナスを綺麗に!

と、言うのはもう、毎回毎回言ってるし

これは後々、もの凄く使う曲だからね、とも言ってると思う


実際、イベントでも必ず踊るし、LIVEを見に行けばわかると

思うけど、必ず、と、言っていい程、踊る曲


ガルロチに出演しているスペイン人だって踊る(アレンジ有り)


重要な曲です


これって1番最初に習う曲だけどさ

じゃ、だからって「踊れてるの?」って言ったら、なかなか

そうはならない

「覚えてる」けどね


「踊る」と「覚えてる」は違うじゃないさ


まあ、そこら辺、わかるよになるのも時間がかかるし、わかっていても

出来るか?っていったら、そうでもない


難しいよね、踊るって。


ま、そんなセビジャーナスなのですが、私はやはり、教えるに当たって、

生徒を、LIVEに出せるような踊り手に育てたいってのが強い

教室発表会とは違う世界があるね

そっちも知ってもらいたいのよ。


まあ、これはね、年齢的なものや、本人がそれは望まないってのも

あるので、望まない人に、無理に、とは思って無い

そこは自由ね。うん。自由。


楽しみ方はそれぞれだからさ。


まあ、発表会は全員参加、としてる。これは通る道だからね。



で、大変前置きが長くなりましたけど


セビジャーナスに生徒を出せる機会がやってきた

出せるのは多くて2名

練習生であるので、費用もかかる。

それがかかっても経験したいか?にもなってくるね

練習生の間は身銭切って経験するっていうのがバイレの常だからね。


そこら辺は、各自の事情にもよるし、出たくても、出れないって事も

あると思う。

それは仕方ないし、次の機会にってこともあるし。

ただ、まあ、そういう機会もあるんだ、ってことを知ってもらうのには

いいかもな、と思い、出してみようかな、と考えてる。


私にも葛藤があって


まだ早い

ってのが半分

だけど、やる気がある人を燻らせるのもどうかな?と思うのが半分



甘いかもしれないけど、機会をあたえようかな?とは思う。


年明けにルナさんのLIVEに出させてもらったのは、本当にいい経験

だったと思う。なかなか、ああいうのは出してもらえないんだけど

ルナさんが、生徒達に半分、時間をあげよう、って考えてくれたから

出来たものだったよね。今一度、感謝するべきだね。



ああ、また長くなってしまったけど・・・



出してもいいかなあ、と思っているのは3名

オマケして5名


その中から、1人か2人


時間、予算、曜日、等で、都合が付かない人もいると思うし、


誰も出たいって言わないかもしれないけどね。



さて、反応はどうかな?