本日 45 人 - 昨日 396 人 - 累計 902707 人
RSS

昨日のレッスンに未来のギタリストの卵を連れていきました

まだ23ですって

若ーい。


たまたま知り合ったのですが、フラメンコギターを習っている、と


言うではありませんか


へえ。若いのにフラメンコに興味を持ってるなんて!

どなたに師事してるの?と聞いたら、知り合いのギタリストさんだったのよね

で、じゃ、今度3人で飲みに行きましょう〜

って話しにはなっていたのですが


その子が、ボソッと、「フラメンコの話がもっと出来たら良いのにな」

なんて言うものですから


あら?じゃあ話す?

大分、長くなりますけどね〜〜〜〜〜〜〜

フラメンコの話しなら幾らでもしたいわよ、私


なんといってもご近所さんだったのですよ、彼が


だからね、1度クラスに遊びにきたら?と誘ってみたのよね


そしたら、是非、行きたい!と、いうではありませんかw

いいね、そのノリ


聞けば、今、習っているのはブレリアで、何しろフラメンコは初心者ですから

まだ「踊り伴奏」は習っていない、とのこと


ギターさんの大変なのは、ギターソロ。カンテ伴奏。踊り伴奏。と

この3種類、を弾けないと、この日本では、お仕事、としてやっていけない

特に、「踊り伴奏」


ここに需要が無いと、生活は出来ない。のが現状


ブレリアもきっと今、ならってるのはギターソロのパターンでしょう

先ず、リズム、コンパス、ノリ、を教えているんでしょうね


クラッシックギターをやっていた事がある、と言うので、コードなんかは

押さえられるんでしょうね


でも、ノリとかコンパスとかが全く違うので、難しい。って言ってた


そうよね。そこを理解するまでが大変


軽く10年はかかるわね。



まあしかし、せっかく近くにいるのだし、踊り伴奏にも興味持ってもらいたい


踊りに合わせて弾く、って言うのはもの凄い技術がいる

踊り手だって、メトロノームでは上手くいくんだけど、伴奏ついたり

歌がついたら、「わからなくなってしまった」と、良く、聞くでしょう?


合わせるって言うのが技術が必要なのよ



で、とにかく、駅前で拾って連れて行った


セビジャーナスを見学させて、


「これを先生に習っておいで」と。


ま、難しいんだけどねー。セビジャーナスは歌も、ギターも!!


だけど、今、凄く、ギターに夢中みたいなんで、習得は速いかもね。


期待したい



昨日、来るにあたって「僕、まだ、セビジャーナス弾けません」って言ってた

けど


悪いわね、ちょっとやそっと弾けても伴奏はさせられないw


生徒への伴奏は私がOKするまでは無理ね

彼の先生ならOKだけど



生徒への伴奏っていうのは、皆の耳も鍛えているので、違うノリで

弾かれても、歌われても、ダメなのよ。


音があればいいって訳じゃない


音の長さとかがとても重要で、耳がそれを「正しい音」と拾うように

訓練している最中なので、もうちょっと修行したらね。って話しを

しました。



クラス伴奏へのこちら側からの要求って結構あるので

だから結局、プロを入れて行くんだよね


要望したのがすぐ弾ける、っていうのが欲しいから。



なので、ギターは持たずに来てもらいましたが、教室を覗くのは

初めてらしく、楽しそうに見学してました


とても刺激になったと言って帰りました


「ギター頑張ろう」って言ってた


諦めずに頑張ってもらいたいな〜


未来のギタリスト!


待ってますよ。