本日 288 人 - 昨日 396 人 - 累計 902950 人
RSS

想像

来年の発表会はアルハンブラで行うのですが

まあ、アルハンブラに行った事がある人は、

あの舞台に立って踊ってる自分の事を想像して練習を重ねてね


と言ってあるんだけど

やはりセルフイメージは大事な作業で

そこに立って、どう踊りたいか?どう見せたいか?

観に来てくれた友人がどんな表情で見てくれるのか?

イメージして練習をするのは必要な事だと思う。



芸事っていうのは、人様に見せるものであるし

見せて表現するものだし、評価は見た人がするもの


どう見せたいか?とか、どう見られたいか?みたいのも持ってないと

なかなか伝わらないし、そこを持ってないと、ただ、覚えてきたものを

披露するだけになってしまうので、ちょっとそれは違うと思う。


見せる、見られるって意識は持っていた方がいいと思う


評価するのは見た人の勝手なので

何時間練習したとか、何年かけたとかも、言葉で説明するものでもないので

それも踊って出していかないとならないよね。




と、まあ、そんな事、私いっつも言ってるんだけど


ちゃんとそれを聞いてね、想像してくれてる人もいるみたいでね


「あんな広い舞台でちゃんと踊れるか心配になってきた!!」


と、言っていた


いや、大丈夫!まだ時間はある

充分積み重ねて、出していくから。

先ずね、群舞で舞台の使い方を覚えていかなくちゃいけない。


群舞っていうのは本当に、色んな経験値を重ねられるし、色んな事を

学習できるので、大事に踊らなきゃね。それは必ず糧になる。



来年の発表会が皆のいい経験値になるように、頑張っていきたい。


2020年の発表会にはかなり成長していると思われる

その頃には充分熟れたソロとか出せると思う。




わたしはもうそこを想像して動いてるけどね〜