本日 266 人 - 昨日 396 人 - 累計 902928 人
RSS

もう来年の事

もう8月だ

あと4ヶ月で今年も終わりじゃない?

本当にフラメンコしてると1年があっと言う間ですなあ


さて


御復習い会は、もう、決まっている、これは必ず行うわけですが


これはもう、「来年の為に」行うようなものである



来年は発表会をやろうと思うよ


数年に1度、では駄目でねせめて2年に1度はやらないと、教室としても

どうなの?ってなるしね


なにより、目標を持たせるっていうのは大事な事

皆も目標を持つのが大事


と、言うわけで、来年をどうしようか?も視野に入れていかなければ

ならない。


まあ、もう何パターンかは考えてあるのですが

会場と内容を決めていかねばならない


案として「アルハンブラ」を考えている


丁度、来週のLIVEに皆さん、足を運んでくれますので

次の会場の「下見」と思って見てくれたらいいかな


まあ、それもあって、皆に声をかけたんですけど


「アルハンブラ」の場合はルナさんの所と合同にしようと思っている


丁度ルナさんも観に来てくれるので、その時に空いてる日を押さえてもいいな。

とね。


使える時間数と、曲数、乗せれる限界の人数と組み分け、等また考える

ことが多いんだけど、


やっぱ、入り時間と撤収時間が決まっているし、休憩は挟まないとならないし

1組の持ち時間とかね。いろいろ計算しなくてはならない


そして集客。


バイレは集客するのも仕事の1つ。


「遠いから誰も来ませ〜ン」


っていうのが困るのよ。自分達だけ踊ってればいいってもんじゃなく

お客様がいて初めて成立するものだからねえ。



だから、そこまで足を運んでもらえるような、内容にして、実力をつけないとね。


まあ、発表会っていうのは、皆もとっても大変で、色々なものに追われて

疲れると思うんだけど、芸事だし、誰かに見てもらわないで

どうするの?っていうのもあるし、技術や実力を伸ばす為には

必要な、締め付けであるのよね

ただ、なんとな〜く、楽しい楽しいでやっても踊りって上達しないからねえ。


皆さんも大変ですが、こちらも大変


まず全員をその気にさせなきゃならないし、実力つけていかなくては

ならないし。


これがね、もう、「ああ、発表会って毎年あるんだ」って思ってもらう

ようになるまでが勝負なんだ。通常は毎年あるものなんですけどね




よく仕上がってるお教室は,毎年行ってるね〜

それって凄い事だよね。自分はフラメンコ初めてからお教室に居る間は

ずっと毎年、発表会があったのでなんとも思わなかったけど




先生って大変だなーと今になって思う。

先生1人対、何十人を仕上げるんだからね

相当な、気力、気合い、体力、精神力、必要だわね


だって、教えていれば、全員が同じ方向を見るわけでなく

よそ見する人もいるし、喧嘩する人もでるし、

「もう、やめたい」って人も出てくるので

なかなかメンタルきついわよ、先生だって。


よく、そんな事件起こってたしな〜発表会あるあるだったけど

ずいぶんと困らせる話しだったんだなー。



でも、発表会はやるのよ。皆で作るのよね、そうやってね、積み重ねるんだわね。




私も、頑張りたいねえ〜。

まあ、まだまだ曲数が少ないけどね、じっくり大切に仕上げていくしかないね。

とにかく、群舞って大事だからね。要。