本日 378 人 - 昨日 492 人 - 累計 900054 人
RSS

ホーム

いつも生徒の皆さんにお話するのですが


発表会っていうのは一大イベントで、予算もかかるし、費やす時間も

かかるのですが


基本的には「ホーム」で踊る


観に来て下さるお客様の全部が「応援」してくれてる状態

だから一大イベントではあるものの、踊りやすい環境ではあると思う

主役は自分達、バック、スタッフ、皆、皆、支えてくれる

お客様は注目してくれる。

これ以上はない環境



だけど、街のイベントだとか、私が踊らせてもらっているタブラオLIVE、

レストランショーなどは

フラメンコが好きな人もいるし、嫌いな人もいる

嫌いな人からみれば、そらウルサくてやかましいものだと思う。


タブラオやレストランショーも、他の踊り手さんを観に来た方が

全員ちゃんと、他の人の踊りを見るとも限らない

とくに、フラメンコが好きでなければ、知り合いの踊りが終ったら

もう、飽きてしまう、のもあると思う


見に来るひとの 自由もあるわけ、どう見ようと、飽きようと、途中で帰ろうと

自由なわけ


皆にもイベントに出る際、いつも言っている

「そんな踊り方してたら、お客様、スマホで帰りの時間調べ始めるよ」

本当なんだから。


舞台に立ってるからといって、皆が見てくれてるわけじゃないのよ


見てもらう踊りしないと駄目なのよ。


あー厳しい現実。





外に出て踊り始めた頃に、自分の踊りの時に全然、注目されないで

参った事があった

でも、最後に踊り人が立ち上がった時に、静かになった


何が違うんだろう?


そこから私の新しい葛藤と、研究が始まった


とにかく、曲種によって出方は違うけど、先ずは目を惹くように

立ち上がる、飛び出していく、オーラを出す、見たいなことを

意識しないといけないのだな


そう思って、そんな風にやってみたら、思いのほか注目されてしまい

それはそれで、急に、あがってしまった、という過去もある


自分で注目させといてねえ・・・その先の処理ができなかった

あがってしまうと、もうグダグダになるのでねえ


まあ、そこら辺、克服するまで時間がかかった、


いまだって克服できてるわけじゃない


緊張もするしあがるタイプだ。


なかなかバランスを取るのが難しいものだね。


踊りの他に、こういう、メンタル面もつきまとう


誰も注目してくれなくても最後まで踊りきる!とかね。

そのウチに、一人、二人と、見てくれるものだしね。


まあ、やっては行けない事は、誰も見てくれてなくても怒って

踊っちゃ行けないって事だろうな。


怒りを踊りにぶつけると、良い事は無い。不快を与えるんだろうな。

と、思う。


まあ27日は皆さん応援にきてくれるので


気持的にはすごく心強い!!


がんばる〜〜〜