本日 235 人 - 昨日 472 人 - 累計 903369 人
RSS

CANNT!CANTE!CANTE!5/31

那須慶一です



オススメのCD紹介です。
2000年以降、スペインで本格的にブレイクした三人を紹介します。

アルカンヘル/第4作('11)「キホーテ・デ・ロス・スエニョス」




アルカンヘルは、そうです
ファンダンゴウェルバや ソレア、カラコレスの
ソロコンパスで歌っている 人です。




ソロコンパスの
頃はデビュー前で、ジェルバブエナの踊り伴奏していた時代で、多分10代です。


昨年でたこの作品は、伸びやかに、本当に気持ちの良い一枚です。



それと

ミゲル・ポベーダ「フラメンコ(スエナ・フラメンコ/サグアン)」




ポベーダは今や、トップスターです、現在、二枚目と三枚目が
セットになって売られています。二枚ともブレリアはヘレス色が強いんですが、ポベーダは
バルセロナ出身です。
最近はカンシオンのオムニバスをだしたりと精力的に活動しています。



次に

エストレージャ・モレンテ「ミ・カンテ・イ・ウン・ポエマ」




エンリケモレンテの娘です。
伝統的なレトラも見事に
彼女の感性で、現代風に
仕上がっており、聴きやすい
ですよ。



この三人は
仲が良い見たいです~
三人とも共通してるのは
古いフラメンコのオタク
です。



でも作品はモダンなんで
是非聴いてみてください!