本日 261 人 - 昨日 414 人 - 累計 904228 人
RSS

ぶつかる

どの習い事でも同じでしょうが

フラメンコも習っているうちに「壁にぶつかる」

いろいろ皆さん、悩むわけよ

私なんてこの20年、悩んでいるよ。まだ解決しないよ!!


アレが上手く行かない、これが上手く出来ない。

言っている意味がわからない

リズムがわからない

音がわからない

振付け覚えられない

身体の軸ってなによ!!


みたいな


もう、そりゃー沢山出て来るわけよ


それから、「群舞の壁」「クラスの壁」とでもいいましょうか


群舞で踊る以上、誰か一人出来なくても、それは出来ないものとなる


あの人だけ、出来ないから、今度のイベントは出ないでもらおう


だ、なんて考えは無い。出ない時は全員出ない。となる。




まあ、遅れて入って来た、と言う場合は振付けが終ってなかったり、の

問題もあるので、1回お休み、というのはある。それはきっと、本人も、

私も、今回は無理しないでおこう、となるので問題は無い


でも通常、同じクラスにいて、大体おなじ回数、レッスンを受けてるならば

全員を同じ所に持って行くのが私の勤めであるので

1番遅れている人に焦点は合わせる

それがクラス、と言うものだ

個人差があるので、それがいけない、って事ではない。大体、ある程度

時間をかければ、皆,出来る様になり,クリアして行くから問題ない。



基本的に先生って言うのは出来る人に合わせて、どんどん進める事はしない

(上級クラスやオープンクラス等は別。時間内に教える事だけ教えて終る)


この場合の「出来る」は振付け覚えて来た、に過ぎない出来るなので

振付け覚えて来た人は更に「深める」とか「追求心」を育てるので

何度でも同じ事をして、身体に入れて行くから別にいいのだ。


なので、まだ覚えていない、上手く動けていない人に、私が時間をかけて

説明している時も、良く聞いて、見て、自分のものにして行って

もらえたら嬉しい。


上手く、動けてない人は、必死に食いついて来てもらいたい


そうやって、クラスは出来上がって来る。


早く、振付けを全部知りたい人もいるだろう

もっと難しい足をやりたい人もいるでしょう


でも、クラス全員で踊るのだから、全体像で考えていかなきゃね

皆が綺麗に踊ってくれる方が見ている人も楽しいはずなので

全員が出来る事をやっていこう